Webサイト制作で自社をアピール|効率良く行なえる宣伝法

男性

炎上による対策を行なう

サイト

ネット上でのトラブルとして、近年たびたび取りざたされているのが炎上問題でしょう。ネットの掲示板やSNSなど、情報を交換する場所で起こる炎上問題は、一度対象となると払拭できないマイナスイメージがついてしまいます。ニュースなどで見られるサイトなどの炎上問題といえば、商品やサービスの管理を怠った会社がやり玉に挙げられます。そのため、品質管理を徹底している自社ならば問題ないと考える会社も多いでしょうが、どれだけ管理体制がしっかりしていても安心することはできません。インターネットは一般の人が自由に情報を交換できるので、やり取りされる情報には過分にガセやデマが含まれるものです。新商品を販売する際に、地域の販売店への入荷日を変更しただけで、勘違いしたユーザーが商品には重大な欠陥があるから出荷が遅れるのだと、ガセ情報を流されることがあります。また、悪意をもったユーザーがわざとネガティブな情報を流すことで、おもしろ半分に企業イメージを悪化させる場合もあるのです。ユーザー情報が非表示であることをいいことに、競合他社がネガティブな活動を行なう温床ともなっているため、どの会社もいつ炎上による風評被害が与えられるかわかりません。このような事態に陥った場合、速やかに風評被害対策を行なう会社に相談するとよいでしょう。ネット上での炎上の鎮火に貢献するだけでなく、損なわれたイメージの回復も行なってくれます。

風評被害対策を行なう会社では、逆SEO対策を用いて問題の対処を行ないます。逆SEOとは、通常のSEOとは異なり、特定のサイトを検索で表示させにくくする方法です。ネガティブなサイトが自社のサイトの近くに表示される場合、ブロバイダーへと要請することで悪意のあるサイトを削除してもらうのです。また、クライアントに関連するサイトを上位に表示させることで、悪意のあるサイトの上位表示率を下げることも風評被害対策として行ないます。検索時に現れるサジェストにマイナスイメージの単語が現れるのも問題ですが、風評被害対策によって関連サイトが上位に表示されれば、マイナスイメージでの単語を含むサイトへのアクセス数も減ります。徐々にサジェストでもポジティブな単語が表示されるようになるのです。風評被害対策での効果は即座に現れるものではありませんが、継続して行なうことで、一般消費者が抱くマイナスイメージを徐々に払拭していくことができるでしょう。